Blood Diamond

天気のいい、気持ちの良い日曜日。カフェ行って水タバコ(←トルコではナルギレと呼ばれています。)なぞ嗜んでみました。


水タバコというと、私の中でこんなイメージ。

            ↓

f0081886_4344465.jpg

←おじさん集う、みたいな。





もちろんこんな感じでおじさま方が集って、水タバコを楽しむ風景は
多々見られますが、意外とこんな感じであったりもする。

            ↓

f0081886_438562.jpg

←こんな風にうら若い女性が楽しんだりもするわけです。(鼻から煙出しちゃってるし。)





カフェでは、ビールを飲みながらナルギレ、チャイを頂きながらナルギレ、普通のタバコも吸いながらナルギレ、と皆、思い思いに楽しんでいらっしゃいました。そんな日曜の午後・・・。





ナルギレを一通り楽しみ、いとこのシェナイ夫婦はチェスを楽しみ、そろそろ寒くなってきたねーってんで、彼らに別れを告げ、我々は映画に行く事にしました。映画は、クマさんが前々からぜひ見たいと申していた「Blood Diamond」をチョイス。


f0081886_52519.jpg「Kanlı Elmas」は、トルコ語で「Blood Diamond」の意味です。トルコ版ポスターなので一応ね。

この映画。久々に、本格的に、胸打たれました。すっごい良かった。日本ではGW公開だし、海外在住組みでも、まだご覧になっていない方の為に、ストーリーはこちらで各自ご参照頂きたい。


私はこの映画が描く、「Conflict Diamond=紛争ダイヤモンド」という問題を、これまで全く聞いた事がなかったのですが、Diamondfacts.orgというサイトによると、中央、西部アフリカの国などで、内戦を引き起こしている反政府組織の資金源の為、違法に取引されているダイヤモンドの事で、Blood Diamondと呼ばれる事もあるそうです。


実在する西アフリカの小国シエラレオネで1991年から2002年まで約10年間に渡って続いた内戦では、革命統一戦線(RUF)という反政府ゲリラ組織により、選挙の投票権を奪う為のみせしめとして手足を切断するなどの、住民への残虐行為、さらには、年端もいかぬ少年達を誘拐し、軍隊へ強制的に徴兵、少年兵士として洗脳するなどの傍若無人な振る舞いが行われたそう。労力として使われた住民達により採取されたダイヤモンドの原石は、密輸ルートを使って不正輸出され、それを資金源にゲリラ活動を続行、内戦が続くというまさに悪循環。


現在では、こうした紛争地域から採取されたダイヤモンドの取引を全面的に禁止し、ダイヤモンド原石を輸出入する際に、それらが紛争と関係のない地域から採取された事を証明する為のキンバリープロセスという証明制度が策定され、69カ国の政府が遵守しているそうです。
Diamondfacts.orgを参照させて頂きました。)


映画では、内戦シーンや、誘拐され、洗脳されて、殺人兵器と化していく少年兵士達など、むごいシーンが描かれる一方で、父親の息子への思いや愛なども描かれていて、心揺さぶられました。(←ちょっと映画評論的に。)この映画で、レオナルド・ディカプリオは、今年度のオスカー主演男優賞にノミネートされていますが、私的には、息子を反政府組織に奪われる父親、ソロモン・バンディを演じた俳優ジャイモン・フンスーさんの、渾身の演技にも注目~と言いたい。


f0081886_6213299.jpg←この方。何気に「グラディエーター」とか、「トゥームレイダー2」とかにも出演しているらしい。

社会問題(っつーか、世界的規模での問題)の提示と感動的なヒューマンドラマの要素が楽しめる「Blood Diamond」。機会ございましたら、ぜひご覧あれ。(←なんか最後、映画会社の回し者チックになったけど・・・。)
[PR]
by asakosaru | 2007-02-20 04:22 | オススメ映画・音楽
<< 3回目のサプライズは・・・。 今日も変則ブログ。(お知らせ含む) >>