ホームスイートホーム

最近、すっかりMixi日記にはまり込み、ついついおろそかになりがちなブログ。
(って前からかなりおろそか。)


トルコに11日に戻ってきてからしばらくは、姑&舅宅を、彼らがいないのをいいことに、我が物顔で占領し、実に楽しい日々を過ごしておりました。「白夜行」は残すところあと2話だし、ドラマの雰囲気に影響されて、普段聞く事のない柴崎コウの歌とかダウンロードしちゃうし、「のだめカンタービレ」の千秋先輩に夢中になるし。(顔がよく、ピアノが弾けて、料理のうまい男に弱い。)


先週土曜の夜に、飛行機で姑&舅ご帰還。正直、「あー帰ってきちゃった・・・」感、自分の中で否めず。(でもここは彼らの家。。)その時、本当に強く、強く、「ホームスイートホームが欲しい・・・」と心の中で願ったのでした。


で。


先回も家探ししてるよーっと書きましたが、ドリームハウス(賃貸1000USDとか、2000EUROとかふざけたやつ)とか見てるヒマあったら、白夜行見てるヒマあったら、本気で探せ、と自分を叱咤激励し、週末に向け、「候補物件リスト」作り。(間に少しだけのだめ。)


そして週末にはサイトから気に入った物件めぐり。そしてリコンの危機。何故って、クマには熱心さが足りん!すぐに飽きる。しまいには、「腹減った」って、あたしも腹減ってんだー!!!とか、実に家と関係ないポイントで、喧々諤々やっていたのでした・・・。


トルコでの家探し、というのは初だったけど、本気で驚いたのは、不動産屋が結構自信を持って勧める物件に連れて行かれた時の、その物件の「ありさま」。前の人が出て行った、まさにそのままの後、という感じで、とにかく汚い。もうそれだけで、「ここは家か?」と問いたくなる。この話題は、先にMixiで書いたが、その時のみなさんのコメントを見ると、実は私が見た以上のものを目にした、そんなチャレンジャーな物件にぶちあたっちゃった、ある意味ラッキーなツワモノがいるらしい。。


これをネタにブログを書いてもおもしろいかもなーー。(でもみてくれキツイか。)


実は、これを書いてる今、Mixi日記を見て下さった方はすでにご存知だと思うが、我々のホームスイートホームは、ほぼ9割決定段階にあります。色々見たのに、色々調べたのに、最終的には、親戚の持ち家に決定・・・。


あー、一生懸命調べたのになぁ・・・。


でも、色々調べたおかげで、アンタルヤの地理に少し詳しくなったし、インパクト的にはブログのネタになりそうな物件も数々見たし。(でもルックス的に私の高尚なブログには合わないので、写真掲載の予定はありません。)終わりよければ全てよしですね♪


あ、でも一番勉強になったのは、こういう共同作業での「ダンナの協力度」かなぁ。(まー、でも一応奴の名誉の為に書きますと、かなりのハードワークの中、時間を削って一緒に回ってもらいましたが。)


ちなみにお引越し自体は、まだ1ヶ月以上先です。それまでは、姑&舅んちが、ホームスイートホーム。(になるかー!!!)
[PR]
by asakosaru | 2007-05-22 22:53 | Antalyaで暮らす
<< 花ちゃんの結婚式 Back in トルコ >>