クラッシックな夜更け・・・。

アツイーーーーー!!!!


暑い、暑いです。アンタルヤが燃えてます!日中外に出ると、「まるでヒータから吹き出る温風の中にいる」ようですわーー。最高気温47度とか・・・。私の地元で毎年、夏真っ盛りになると、度々登場する「最高気温熊谷の39度!」とかも目じゃないですね、本当。


地中海性気候って、「夏は涼しく、冬は温暖で過ごしやすい気候」じゃなかったっけ?(↑中坊のうろ覚え・・・。)どうやら違うらしい・・・。こう暑いと、やっぱり「そうめん」とか食べたいですねぇ。なんなら涼しげに「流しそうめん」とかやりたいですねぇ。誰かやらない?トルコで。(もう「トルコ」って響きがすでに暑い。)



さてと。話変わりまして。ここで、「最近のアサコサル情報~!!」(いらないとかなし。)

★先週から、古巣のホテルのお仕事に舞い戻る。(なんでだか。)

★引越し間近!!!(でも暑いからね、ちょっとナーバス。)

★先週末いやな女に会う。(いつかギャフンとか言わせたい。)

★夏バテとかしてません。(体重2キロプラス。)


とか、ラインナップ出揃ってますから、どんだけブログネタに困らんことか!と言いたいところですが、もうすでにMixiの日記に書いてますので、(かなり怠慢?)Mixiご利用の皆様、フルってご参加下さいませ♪ご利用じゃない方は、ガツンガツン招待しちゃいますよー。


*********************************************


ところで。先週の事になりますが、Aspendos Antik Tiyatros(アスペンドス アンティークシアター)での、ピアノ&オーケストラのコンサートで、ちょっとしたクラッシックな夜更けを堪能してきましたよ♪


演者はファズル・サイという、トルコの有名なピアニスト。(リンクはWikipediaを貼らせて頂きました。「ファジル・サイ」という名前になってますが、アスペンドスでもらったパンフでは、「ファズル(トルコ語のiのドットなし)・サイ」となってました。どっちが正しいのかな?)


4歳からピアノを始めたという彼は、アンカラ国立音楽学院に学び、17歳でデュッセルドルフのシューマン音楽院に留学・・・・と細かい彼の生い立ちについては、Wikipediaを読んで頂くとして、私は今回久々に、「鳥肌のたつ音楽」というのを聴きました。


楽器はなんであっても、奏でるメロディーに演者の心が反映すると思いますが、特にピアノは、演者の魂が音となって奏でられる、といっても過言じゃないほど、ソウルフルな楽器だと思っています。


その楽器を、見事までに自分の音にして聴かせていた彼の演奏に、アスペンドス、という音響のいい場所も手伝って、(半円形の古代劇場跡なので)すっかり惹き込まれてしまいました。やっぱり近くで見ないと、見事な彼の手の動きまでは追えなかったのですが、やっぱりここはYoutube!どことなく、今風アレンジなトルコ行進曲をご堪能あれ!


オーケストラとのコラボももちろん、この「トルコ行進曲」や「サマータイム」など、Jazzyな音色が楽しめる曲も披露してくれました♪やっぱ音楽っていいなぁぁ・・・。


トルコ行進曲ーファズル・サイバージョン


f0081886_05755.jpg

[PR]
by asakosaru | 2007-06-27 23:15 | Antalyaで遊ぶ
<< 夏の思い出・・・。 花ちゃんの結婚式 >>