カテゴリ:トルコの家族( 2 )

カワイイ男

クヴァと私が唯一、ま~ったりと過ごせる憩いの日曜日。いつもはクヴァと2人か、友人達と過ごす事が多いのですが、昨日は久々に家族みんなで近所の公園にKahvaltı(朝食)をしに行きました。メニューは、チーダム(義妹)手作りのスジュク(ソーセージ)+カシャールペイニル(チーズ)入りトースト、出来立てふかふかのピデ、白チーズ、オリーブ、トマト、チャイ♪同じ朝食でも、外で食べる朝食はまた格別な味♪

ところで、このブログを書く間、甥っ子メフメットサリが、ず~っとちょっかい出してきます。(どーしてもアサコサルにかまってもらいたい模様。)子育てしながら、マメにブログ更新されてる皆さん、本気で尊敬です。(一向に集中できないもので・・・。)

なら、メフメットサリと遊んでやれっ!って感じですが・・・。でも昨日今日と、散々いじられ役だったので、今は私の時間だっ!!!

という事で続きです。。。

朝食の後はスポーツタイム。日本のトイザラスで買ったまま、全く手付かずだった「バトミントンセット」。久々にトライしてみる事に♪

ところで、トルコではバトミントンをあまり見かけません。日曜とあって、公園にはたくさんの親子連れが来ていましたが、特に子供達が多大なる関心を寄せていました。その様子を見て、ちょっと頭をよぎったのは・・・

「ひょっとしたら一商売できるか??」

アンネはこのアイデアに乗り気で、「私が売ってあげるわ♪」だそうなので、バトミントンセットで、一儲けしたいと思います。

f0081886_605024.jpg

バトミントンに勤しむメフメットサリさん。

f0081886_613019.jpg

写ってないけど、ラケット飛んでっちゃって、「ありゃりゃ~」のポーズのメフメットサリさん。

f0081886_6326100.jpg

「写真撮るよ~」というと、必ずポーズを決めるメフメットサリさん。最近買った愛車(なぜか亀付き)と共に。クールにきまってます。

普段はイスタンブールに住み、なかなか交流を図れない甥っ子ちゃんとも、ここ1ヶ月のアンタルヤ同居生活で、かなり馴染んできました。嬉しいことです。自然と写真の掲載率も上がってきてますね。

公園でキャッチボールならぬ、ここトルコではフットボール、バトミントンなどで、いい汗をかいた後、次なるメニューは、「Dolphin Land」。メフメットサリにイルカを見せてあげよう!という事で、大急ぎで着替えて出発。

以前行ったスシレストランでご紹介したHillside Su Hotelに隣接したアクアパーク、Dolphin Landは、サマーシーズンは大賑わい♪オフシーズンの昨日は、お客さんもポツポツ(ってか、誰も写ってね~)で、かなりさみしい感じ・・・。でも、

f0081886_6281224.jpg

アシカちゃん、立ちもすれば・・・

f0081886_6284815.jpg

逆立ちだって、してみせます。客がいようがいまいが、プロ根性です。

f0081886_6301929.jpg

絵だって描くし・・・

f0081886_6304296.jpg

イルカもジャ~ンプ!

ロシアからやってきただけあって、寒さには強いんでしょうね(?)ところで、このイルカやアシカ達に負けずにカワイかったのが、うちのクマ。(クヴァ。)ロシア人の調教師が、ショーが終わってポツポツとしかいない観客に向かって手を振ると、

うちのクマが思いっきり手を振り返している(汗)・・・。

しかもメフメットサリはおろか、別の子供達ですら、手を振り返していなかったというのに(笑)。これにはかなりウケタ~。「つい手が反応しちゃったんだよ」なんて言ってたけど、ショーの間中、「カワイイ~、カワイイ~」(日本語で)を連発してたし、携帯で写真バンバン撮ってたし、「ちゃんと(写真)撮ってるかよっ?」と私に突っ込みいれるし、本人、メフメットサリ以上に楽しんでいたに違いない。

カワイイ男(※でも外見じゃないですよ)に弱い私。純粋にかわいいメフメットサリはもちろん、昨日は1日、お茶目でかわいすぎたオットに惚れました♪(えーえー、なんとでも言って下さい~。)
[PR]
by asakosaru | 2006-12-05 05:31 | トルコの家族

甥っ子メフメットサリの成長記録

9月1日は、ずーっと続いていた酷暑にピリオドをうつかのような、肌寒い曇り空。2ヶ月(?)ぶりぐらいに雨も降りました。「こうして秋へと向かっていくのね・・・」なんて思っていたら、やっぱりちょっと気が早かった・・・。今日も汗がじんわり~と出てくるような暑さです。

でも空が少し高くなった感じがするし、吹く風も温風ヒーターって感じじゃなくなってきたし。個人的に一番好きな季節が秋なので、またまた気が早いけど、ブログの背景も「秋」に変更してみました。

さて9月は何から書き始めようかなぁと考えていたところに、先日イズミルのyukacanさんから頂いていたコメントが頭をよぎり、リクエストにお答えしてクヴァの甥っ子、メフメットサリちゃんのお写真満載でお届けしようと思いまぁ~す!

2002年5月15日にイスタンブールでご誕生。生まれたての赤ちゃんの時の写真が、PC上にないのが残念・・・。
f0081886_23424984.jpg

2歳と2ヶ月ぐらいの時。赤ん坊の頃から2歳半ぐらいの頃までは、異様にビビられてしまい(私が)、顔を見る度ビービーと泣かれ、大変切ない思いをいたしました。(自称、子供と動物には即好かれるタイプ、なのですっごいショックだった・・・。顔見るたび即、ですよ。そんなに私の顔怖いか~?)
f0081886_2350746.jpg

2歳と10ヶ月。ちょっと眠たげな表情がまた愛らしいぃぃぃぃ。この頃からアンネ(お母さん)の教育の成果あってか、私がどうやら違う国から来た人間だという事を理解し始めてきた模様。だんだんと笑顔を見せてくれるようになりました!!ヤッタァァ!!
f0081886_011674.jpg

ダィユ(おじさん、つまりはクヴァのこと)の帽子をかぶってパチリ。写真からは分かりづらいんですが、マッチ棒がのっかりそうなぐらいまつげが長いんです。マスカラ要らず(?)です。本当にうらやましいです。
f0081886_045520.jpg

トルコでよく見かける不気味な猫のぬいぐるみと寝るサリちゃん。
f0081886_073092.jpg

満4歳の誕生日パーティーをやった時。家中たくさんのバルーンで飾りつけをして、パーティームードの為か、休みなく家中かけずり回り、踊りまくり、(小さくてもトルコ人だなぁ、やっぱり、と思いました・・・。もう私はカンベンして・・って感じだった)それでも疲れ知らずで、サイコーの笑顔を見せてくれました。

彼は私のトルコ語力からして、「アサコもコドモなみ」と思っているふしがあり(悲)、食事の前に「ちゃんと手洗った?」とか聞いてくれます。最近では、私が一人PCに向かっている時でも、そばに寄ってきて色々質問してくれたり、ヒマな時は一緒に遊んでくれたりします。(どっちがコドモ?)赤ちゃんの頃を思えば、格段の進歩!!でももっと成長していくと、そのうち挨拶してくれるのみ、みたいになっちゃうのかなぁ。

我々のベイビーもメフメットサリのように大きなウルウルの瞳の持ち主になってくれたらいいのになぁ。(でもクヴァも「少しジャポン入ってます?」と言われたことがあるくらい、アジアン寄りの顔立ちなので、確実にジャポン顔決定。ウルウルはムリかぁ。。。)

いやいや、メフメットサリのように元気いっぱいのコドモが授かれたら、それが一番!!!
[PR]
by asakosaru | 2006-09-05 00:21 | トルコの家族