カテゴリ:Japonyaの話( 4 )

春の山形ツアー!(後編)

皆様こんにちは。「貧乏ヒマなし」アサコサルです。なんだかんだで、ジャポンヤ里帰り滞在も残り少なくなって参りました。楽しい時間ってほっんと、早いわ、過ぎんの。


最近めっきり話題に登場しておりませんでしたうちのクマちゃん。現在舅、姑共に家を留守にしているので、かなり楽しく過ごされていらっしゃるとか。なんかそう言われるとムカつくので、残り少ない日本滞在をきっちり〆て、早々に帰国した暁には、1回締め上げてやらないと。


さてさて。「春の山形ツアー!後編」を、春が終わらないうちにアップしたいと思います。今回は、

「鮮魚が踊れや歌えやの大騒ぎ」
な感じですよ。


**************************************
<後編>

というわけで、Cちゃんに別れを告げた後は、山形県を更に北上!次なる目的地は米所「酒田市」でございます。


山形駅から新庄という駅までは新幹線で移動、新庄からは最上川に沿って走るローカル線に1時間ほどゆらりゆられてやって来た酒田。道中、眼前に飛び込んできたのは、ゆったりと流れる最上川、そして広大な庄内平野。駅にはもちろん、自動改札なんてありません。これぞまさに、「ぶらり途中下車の旅」。(←知ってる?)


酒田駅で暖かく出迎えてくれたのは、若かりし酒びたりの20代前半を共に過ごした旧友、Iちゃん。久々に見る彼女は、少し大人びて見えました。(ってもうおとな。)


さて。ここで写真を1枚。


f0081886_16574874.jpg

Iちゃん曰く、「先日マッチも来た」そうで、(確かここで犯人が追い詰められたそうですが。多分火サス系か・・・)明治時代に米の保管倉庫として建設された倉庫は、現在でも農業倉庫として使用されているそうです。なんとも風情があって、さすがマッチが来ただけのことはある。(?)


東北の港町酒田はその昔、京都との貿易が盛んであったそうで、京都の風情が現在にも引き継がれているようです。そう言われてみると、どことなく京の香りがします。。


んーーーいい香り・・・・。








f0081886_1792564.jpg

って料理のにおいかーーーーーーーーー!!!(白いのは豆乳鍋です。新鮮な魚介を温かい豆乳に「しゃぶしゃぶ」して食べます。)


f0081886_17102977.jpg

ってかにみそかーーーーーーーーーーー!!!


f0081886_17112354.jpg

小ぶりだけど、新鮮でウマイ「ほたるいか」!!!


f0081886_17133699.jpg

この海老、トロケました。海老の隣に鎮座するお刺身は、庄内浜で水揚げされたばかりの「イシナギ」というお魚で、別名「オオヨ」と呼ばれているそうです。適度に脂が乗っててウマイ!


f0081886_1717637.jpg

がっつり齧る。



マブIちゃんが、だんなサマと一緒に招待してくれたのは、「富重」という地元で人気の和食のお店。上の写真達じゃまだまだ足りないくらい、たっぷりのお料理で、おもてなししてもらいました。終始満面の笑みがこぼれるひととき・・・。


その後は女2人で、3次会まで飲みました。なんか昔に戻ったような感じだったけど、話題はしっかり歳くってたかも。。。


翌日は、これまたIちゃん御用達の地元のラーメン屋さんへ。昨晩は午前様だったので、朝昼兼ねて食したラーメンはこちらー


f0081886_17332023.jpg

港町らしく、魚介でとったダシにゆずの風味を加えた「ゆず塩ラーメン」。これウマー!!!飲んだ次の日には最適。


さて今回の山形ツアーの締めくくり、再び女2人湯けむりの旅。目的地は酒田→鶴岡へ、車で1時間ほど行った「由良温泉」。


f0081886_1739890.jpg


ホテルのバルコニーからは、日本海に沈む夕日・・・。なんとなく一句読めそうな感じが・・・。(←ウソ。)




さて。温泉といえばー?ババーン!


f0081886_17465476.jpg

キター!!!


f0081886_17475331.jpg

アワビかーーーーーーー!!!!


f0081886_1748487.jpg

コウフンし過ぎて、上のセロファンみたいなのを取るの忘れて撮っちゃった。


f0081886_17502100.jpg

カニかーーーーーーーー!!!!


f0081886_1750522.jpg

ホタテ。またコウフンし過ぎて、焼く前に撮っちゃった。


f0081886_17523511.jpg

鮭の中にはもっちりもち米。とろりとした食感。


f0081886_1754327.jpg

なんかもう散々食べた後に、これでもかーーー!!の鯛のかぶと焼き。



どうです?皆さん。今回はかなり拷問チックじゃないですか?


f0081886_17565351.jpg

こーんなおいしいお魚さん達は、こーんなキレイな海で取れているのですね。見よ、この透明度。


こうして大満足に終わった春の山形ツアー。あらためまして、今回忙しい中、アサコサルにしっかりと時間を割いてくれ、完璧にもてなしてくれたCちゃんとIちゃん、本当にありがとうございました。Cちゃん、今度は彩の国さいたまへおいでませ。Iちゃん、今度はトルコでお待ちしてます。地中海でもてなすよーーーー♪
[PR]
by asakosaru | 2007-04-24 16:41 | Japonyaの話

春の山形ツアー!(前編)

春もたけなわ、皆様、いかがお過ごしでしょうか♪


とにもかくにも、いまだニホンでのぐうたら生活進行中のアサコサルです♪春爛漫♪にウキウキして、ウカウカしているうち、まさに「アッと言ってる間」に時が流れ、実に3週間ぶりぐらいのブログ更新になってしまいました。いよいよニホン滞在も残り少なくなって、ついで散財しすぎでお財布の中身も残り少なくなって、若干憂う毎日でございます。(涙)




さて!そんな事はさておき♪4月の第1週目の週末、今回の里帰り最大のイベントである、「春の山形ツアー!!!」を敢行して参りました!トルコでもお世話になったお友達Cちゃん&学生時代からのマブなお友達Iちゃんのところに押しかけて、春の山形を案内させちゃおう~~~!というもくろみです。


まずはトルコつながりCちゃんのご紹介から♪Cちゃんは、ご実家の山形でとーーーってもステキなトルコのアクセサリーなどを中心としたショップをオープンされた、ショップオーナーさんです!きれいに装飾された店内を見渡すと、そこはまさにトルコ!!!「店をやる!」宣言からほどなくして、本当にショップをオープンさせたその手腕に、アサコサル脱帽です。


そのお店の写真なぞ掲載しちゃいたい!のですが、ご本人の許可なく勝手に掲載すると、ぽかりとやられてしまうかもしれないので、Cちゃん、これ見てたら連絡下さーい!


さて。山形市内にあるショップを見学した後は、Cちゃんのガイドで「蔵王温泉」へ。湯けむり女2人旅です。ところで蔵王といえば・・・

f0081886_15551253.jpg

やっぱりスキー!!!まだまだ春スキーを楽しまれるスキーヤーの方々も見られました。(って全然写ってないが。)

スキーといえば、1月30日の記事、「アンタルヤでスキー!(?)」を思い出してしまうのですが、やっぱり麓でバーベキューしてる人とか、下りのリフトに乗ってる人とかはいませんでした。(ちょっと笑いの要素的には甘いっつーか・・・、物足りないっつーか・・・。)


f0081886_162785.jpg

蔵王は思ったよりもこじんまりとした温泉街でした。シーズンオフのせいか、(桜の開花もまだだったし)人は少なかったけど、お天気もよくって、温泉街ぶらぶら楽しかったなぁ。。


f0081886_164714.jpg

うっすらだけど、煙が出てるの見えますか?温泉わいてまーす。


その日宿泊した温泉宿は、Cちゃんがここでも素晴らしい手腕を発揮して探し出してきてくれた、破格のホテル!2食付で一人7000円!持ってけドロボウ!蔵王は、美肌効果のある、トロリとした薄い乳白色のお湯で有名らしく、風情のある露天風呂で、たーーーっぷりと長湯を楽しみました。これぞ日本人の幸せ~~~。


ところで、まだまだパンチが足りないと思われる拷問ブログですが、(ってもう忘れてる?)蔵王では、あまりにがっついてしまった為、ほとんど食べ終わっちゃってから、「あ、撮るの忘れた・・・」と気付く始末。というわけで、山形ツアー後編でたーーーーっぷりとご紹介します。今回は結構自信作ですよ、フッフッフ・・・。今しばらくお待ちを。


というわけで後編へ続く・・・・。
[PR]
by asakosaru | 2007-04-15 15:48 | Japonyaの話

やっと拷問ブログ

ミナサンお久しぶりで~~~~~~す!!!

日本に里帰り中で、これでもかーーーーーっとぐうたら生活に精を出しているアサコサルです。人間って、これほどまでにぐうたらできるのですね、本当。こんなに寝てばっかいられるのは、コアラかアサコサルか!?毎夜毎夜、夜更かし(特に下らない深夜のTV番組)にうつつを抜かしております。

ま、こんなにも眠りへと誘われるのもだからかなぁ。(いや、夜更かし。)関東の桜の開花宣言も発表され(てますよね・・・?(汗))、これからいよいよ春本番!!ニッポンの醍醐味、美しい桜模様なんかもアップしていく予定。(春が終わらぬうちにね。。。)




さぁさぁ!!トルコ・海外在住のジャポンの皆様、大変お待たせしました!やっと拷問ブログ第一弾の発表です!(第2弾あるかなぁ・・・。)


さて、まず最初のエントリーは・・・・ジャカジャカジャカジャカ(ドラムロールは各自でお願いします)ジャンッッッッ!!!






庶民の味方、「牛角の焼肉」~~~~~~~!!!(←チープとか言うな。)

f0081886_1581747.jpg

やっぱ最初は塩タンだよね。

f0081886_1593173.jpg

やっぱカルビにロースだよね。(ホルモンとかハツとか玄人系は少々大人の味なので。)

f0081886_15104881.jpg

食べ散らかし画像。



ちなみに私は、焼肉といえば「ビール」ではなく、「白いご飯」派です。焼肉のたれをたっぷりつけた白メシは天国の味。本当は牛角のたっぷり大盛りメシでいきたいのに、つい、「中盛で。」と、決まってるじゃない、女の子なんだから♪的な雰囲気で、中盛をオーダーしてしまう自分がキライ。




さて!続いてのエントリーは・・・・・・・・ジャカジャカジャカジャカ・・・・・・ジャンッッッッ!!






新宿の串焼き屋さんの「お刺身」~~~~~~!!!(←串焼き屋って言ってんのに、刺身を載せるとこがツウ!!)

f0081886_15201891.jpg

やっぱ日本人はこれだよね。

f0081886_1521193.jpg

一緒に行ったお友達にも撮影協力を依頼しました。



ちなみに私は、刺身といえば「日本酒」ではなく、「白いご飯」派です。刺身のわさび醤油をたっぷりつけた白メシは幸福の味。




というわけで、結局は・・・・






f0081886_15304527.jpg

やはりこれにつきるかと。


茶碗一杯の白飯は日本人の幸せ。トルコ生活3年目。やっぱり炊飯器は必需品ですかねー。
ところでこうしてブログに写真をアップしてみると、拷問ブログにしては「迫力にかける」作品の数々・・・・。そこは大目に見ましょうね、大目に・・・。
[PR]
by asakosaru | 2007-03-24 15:08 | Japonyaの話

里帰ってきました。

トルコ&海外のみなさ~ん!ニッポンのみなさ~ん!無事里帰って早6日目。6日目にして、すでに家族から軽くつまはじき者にされているアサコサルで~す。

久々、といっても軽く1年半程度なのですが、それでも久々に見るニッポンは、やっぱりどこもかしこも「キレイできちんとしている」という印象。例えば、日本に着いてすぐ乗った、成田→川越(彩の国さいたま)間のバスでは、いきなり首都高で渋滞に遭うという、疲れた体にさらにムチ打たれる羽目に陥ったわけですが、運転手の、「皆様には大変ご迷惑をおかけしており、申し訳ございません。いま暫くのご辛抱をお願い致します。」などとバカ(ごめんね)丁寧なアナウンスが流れると、かえって「いいですよ、いいですよ、あなたの責任じゃないからね。。」などと恐縮する気持ちになりましたし、お店で何か買うと、素晴らしく美しい包装紙で、ぴっちり包んでくれるのも大変気持ちがいい。帰りも「ありがとうございました」と言いながら、丁寧にお辞儀。つられて私もお辞儀返しそうになりました。



さすがニッポン。すげーです。(ってこれ当たり前。)



しかし誤解なきよう、お話ししておきますと、トルコだってちゃんと包装してくれるし(たまに新聞紙)、ちゃんと挨拶してくれますよ。(たまに世間話につながって長い。)


驚くべきごとに、そんなトルコがすでに恋しい気持ちすらあったり。(ほんのちょっとね。)


そんなわけで久々の日本で、ひたすらに日本食を詰め込む毎日です。出されても出されても、写真とか撮る間もなく、箸をつけているので、拷問ブログはしばしお待ちを♪

ところで、今回の里帰りにあたって初めて、大変評判の良いシンガポール航空を使わせて頂いたわけなんですが、これ、実は2回トランジットがあるんですね。。。先にシンガポール航空を使って日本に戻った友人が、「ドバイでもトランジットがあった」とおっしゃっていたのですが、いかんせん、彼女は関空利用だし、チケット取ったアジェンタ(代理店)でしつこく確認した折にも、「シンガポールのみですよ♪」なんて言ってたのに、イスタンブールに着いたら、しっかり行き先が「ドバイ&シンガポール」になってるじゃんか、このボケ!



f0081886_12373370.jpg

f0081886_1238595.jpg

というわけでドバイ。着陸寸前の景色が「アラブ」な感じだったけど、空港はめっちゃキレイ。ちょっと迷子になりました。(でも大して広くないから、迷子になった奴、私ぐらいだろうね。)


f0081886_12403825.jpg

こちらはシンガポール。噂どおり、空港はきれいで広い♪元気があったら買い物パラダイス的な空港でしょう。(でも私はシンガポール時点で、すでに半目。ふとんがあったら速攻寝てたね。フリーのネットサービスからメール打って、後は死んでました。)


アンタルヤを出てから、実家(彩の国さいたま)に戻るまでの全行程、6日の朝6時に家を出てから、7日の夜9時に実家の敷居をまたぐまで、39時間。つまり総移動時間32時間の長旅でした。ありがとう、シンガポール航空。

ちなみに、飛行機自体はとても心地いいです。各席にTVモニターがついていて、映画も楽しみやすいし、スチュワーデスさん達もキレイで愛想いい。機内食もまずまずでした。映画のバリエーションもすごいあるので、かえって眠れなくて大変だったかも。(移動中、新007のダニエル・クレイグの胸板に目がくぎづけ。)

イスタンブール→シンガポール間、席が隣だった、キョイ(村)から出て来ました風のトルコのおばちゃん、英語も全く分からず、隣に座った外人さんに思いっきりトルコ語で、「あんたここ座ったら私トイレに行けないじゃない」(←ちなみにおばちゃんは窓側の席)とかっ飛ばしていたあのおばちゃん、無事メルボルンまで行けたかな。楽しい出会いも長旅のスパイスだね。
[PR]
by asakosaru | 2007-03-12 12:25 | Japonyaの話