カテゴリ:Denizliで暮らす( 7 )

7ヶ月ぶりに・・・

ラマザン(イスラムの断食月)明けの23日からの3日間のシェケルバイラム(砂糖祭:断食明けを皆で祝い、親戚訪問をしたりします。)もあっという間に過ぎて、すっかり普段の生活モード。

このシェケルバイラム中、子供達は近所の家々を回ってお菓子をもらったりする、さながら欧米のハロウィンを彷彿とさせる習慣があるのですが、友人の家に遊びに行った時、お菓子をもらいにアパート中を訪ねて回ってる少年達(この友人宅にはすでに訪問済みなので、一度お菓子はあげている)に階段で会った時ー

子供達:(もう一度お菓子をねだる)
友人:(ジョークで)「もう終わっちゃった。ないよ。」
子供達:「だったらお金ちょーだい!」

ま、確かにお菓子以外にお金をあげることもアリのようなんですが。まったくちゃっかりしてますな、トルコの子供達。

前置きが長くなりましたが。このバイラム前の週末から、冬物の服を取りに、約7ヶ月ぶりにデニズリへ行ってきました♪23日にはデニズリから、久々のイズミルへ!も足を延ばしてきたのですが、写真がまだないので、それはまた次回♪

久々のデニズリ。アンタルヤに比べるとやっぱり「何にもない」って感じがしますが、それでも新しいお店ができたりしていて、ちょっぴり活気付いてました。家も7ヶ月放置してたので、フルスズ(泥棒)にでも入られてやしないかと、かなり不安だったものの、家具類も無事でホッ。

それにしてもやっぱり、ホームスイートホームですね~。アンタルヤのソファベッドより、自分の寝床が寝心地サイコー!早いとこアンタルヤなりスィデなりで落ち着きたい・・・。

階下にクヴァのひいおばあちゃん(御歳95歳!だと思うんだけど、人によって93歳!とも言っていて、どっちが本当か誰も知らない。。)がクヴァのおじいちゃんと一緒に住んでいて、久々に顔を見せると、すっごく嬉しそうな顔で出迎えてくれました。

でもおばあちゃん、少しボケてしまっていて、私の事もクルド人(!)か何かだと思っている様子。(トルコ語がきちんと話せないので(汗)・・・。)すっかり少女に戻ってしまったおばあちゃんは言動がいちいちおもしろく、家族の笑いを常に誘っていました。

日曜は1日、デニズリの友人宅を訪問。7月に第2子が生まれたクヴァの元同僚の家では、彼らの愛息子、メフメット・エフェ君にご対面。
f0081886_410927.jpg
お姉ちゃんのスドゥカは、私の事を「インギリズジェ・アブラ(英語のお姉さん。少し英語を教えていたことがあるので)」と呼んでいて、照れ屋だけどすっごくいつもニコニコしていてかわゆい♪

赤ん坊って本当にやわらかくて、あったかい。肌もモチモチで、髪もすっごくやわらかい。カメラのフラッシュが光ると、びっくりして目をまん丸くしてました。

久々に色んな人に会って、デニズリでの2年間が思い出されてすっかり懐かしくなりました。
[PR]
by asakosaru | 2006-10-28 03:46 | Denizliで暮らす

災難続きの日曜日

先週の日曜以来色々なことがありました・・・。

①トラブル続きのイズミール
先週の日曜に突如イズミールでの用事が入り、早速朝7時に車でデニズリを出発。ちなみにうちの愛車はシトロエンXsara 99年モデル。
f0081886_77443.jpg

ちょっとボケてますね、この写真・・・。
エンジンが結構大きい(あまり詳しくは知らないんですが・・・)車なので、ガソリン代もバカになりません。ぎりぎりまで待って買うつもりだったのか、ガソリンメーターのランプがついても130km/hで思いっきり飛ばしていたところ、途中であれ?あれ?なんだか減速してるよ・・ね・・・。というわけで、イズミールへの道中、思いっきり民家のみのエリアで車がストップ

でも妙に落ち着いていた私達。顔見合わせて「さーどうしよっか・・・。」どうしようもないので、とりあえずクヴァが近くの民家へ。不幸中の幸い、ガソリンスタンドは歩いていけるような距離にあったので、クヴァが歩いて行き、15分もするとガタガタのオートバイに乗ったアムジャ(おじさん)と一緒に戻ってきた。

2.5ℓのコーラのペットボトル2本分を緊急補給。なんとか難を逃れました~。ふぅぅぅ~・・・

っと息をつけたのもアイドゥン(イズミールへの高速に乗るちょっと手前の町)まで。いよいよ高速に乗ろうって時に、今度はサインを見逃してムーラ(全然逆の方向です・・・)方面へのってしまった!仕方ないのでアイドゥンまで戻ってからもう一度高速へ・・・。(さすがにちょっとキレる。)

この2件でトータル1時間近くのロス。約束の11時に間に合わない!というので思いっきりぶっ飛ばして約束の5分遅れで到着。

まだまだ終わりませんよ~。

約束のミーティングが終了。ホッとしたせいか、はたまたやっぱり災難を呼ぶ日曜だったのか、はたまた単にやっぱりボケぶり発揮なのか。。。さぁ何が起こったでしょうか?

アサコ車のドアを閉める→クヴァも車のドアを閉める→何か忘れてる私達・・・。

正解は車のキーでした~!!!キーを中につけたままドアを閉めてしまい、セキュリティ上のオートロックで車は完全にロックされ、ドアはうんともすんともいいません・・・。(すごーくバカな質問かもしれませんが、車は全てこのシステムがついてるんですか??)

それから1時間以上、近くにいたタクシーの運転手も集めてあーでもない、こーでもないと話し合って、結局フツーに鍵屋を見つけに行く事に。やって来た鍵屋は鍵屋だけど、鍵をどうすることもなく、ほんの少しあけたドアの隙間から針金を入れて、ハンドルに引っ掛けてオープン。そんな処置だけで50YTL。さらにタクシーに30YTL

もう俺は運転しない方がよか・・・とすっかりぐったりのクヴァの代わりに帰りは私がデニズリまでの3時間、運転しました。日本で完全無傷のゴールド免許の私は、思いっきりペーパーですが、トルコではブーブーとホーンを鳴らされて(トルコ人はなにかってーと、すぐにホーンを鳴らすので。。)市内ではビビりまくりですが、イズミールやアンタルヤへの道中は比較的運転しやすいので、まぁいい練習にはなりました。

その日のうち、翌日の月曜の為、今度はアンタルヤへ行かねばならない用事が入っていた為、家に戻ってから2時間休んで、すぐアンタルヤへ。でも今度はオトビュス(バス)でね。→続く・・・。
[PR]
by asakosaru | 2006-03-31 07:07 | Denizliで暮らす

Pamukkale!!

先週の日曜のことになるのですが、(遅ればせながら・・・)私の住むデニズリから20kmほど離れたところにある、「パムッカレ」という観光地でホテルを経営されているノリコさんにお会いしてきました。

パムッカレ(またカタカナ多くなるかも・・がんばって読んで下さい、Sawaちゃん)はトルコ語で「綿の城」という意味。石灰棚に温泉水が溜まった池などがあり、昔はそこで泳いだり、温泉に浸かったりできたらしいのですが、最近ではわずかばかりの温泉水が残るのみとなってしまいました・・・。でも独特の景観は健在で、プラス温泉保養地という事で、オールシーズン、たくさんの観光客が訪れます。

日本人観光客もたくさんいらっしゃるようですが、私の住むデニズリはオトガル(バスターミナル)に立ち寄るぐらいで、みなさんほとんど素通りです・・・。加えて近くに在住してる日本人の方はほとんどいないに等しいので、ご近所さん(とはいえちょっと離れてるけど・・・)の日本人に会えるとあって、ちょっとドキドキ。

ノリコさんがご家族で経営されているホテルはその名も「カレホテル」。すぐ隣にあるお住まいの方へお邪魔しました。おうちのベランダからパムッカレが見えます。

f0081886_6363671.jpg


ノリコさんにお会いしたのはこれが初めてでしたが、思えばきっかけはブログ。ノリコさんのご主人のお兄サマから「デニズリにジャポンが住んでるよ~」と聞かれたそうで、プラス偶然に私のブログを見て下さって、連絡を下さったのがきっかけでした。素晴らしきかなブログ!

トルコ風に突然アポとって、突然押しかけちゃいましたが、快く応対してくれたノリコさん&ご主人。パムッカレやデニズリでの生活のヨイとこワルイとこ、色々情報交換できて貴重な時間でした。愚痴なんかも聞いてもらっちゃったし。。。

ホテルで滞在されている日本人観光客にも会いましたヨ。みなさんノリコさんとおしゃべりなんかも楽しまれつつ、トルコでのつかの間のゆるりとした時間を過ごされてるようでした~。宿ではノリコさんが手料理をふるまってくれるそうです。宿泊客のお好みでトルコ料理のみならず、韓国料理なんかもあり!だそうデス。

ホワイトパラダイスパムッカレ。(パムッカレのある村への入り口に本当にこう書かれたゲートがあるんです。)トルコに来たら、ぜひパムッカレのカレホテルを訪ねてみて下さいね~。

★参考:パムッカレみどころ
[PR]
by asakosaru | 2006-03-23 05:00 | Denizliで暮らす

トルコでバスケットボールマッチ!

私は今、週2日で近所のilk okul(小学校)、19 Mayis(小学校の名前です。5月19日の意味。ちなみにトルコでは5月19日は「若者とスポーツの休日」。日本でいう「体育の日」って感じでしょうか?)の4年生の1クラスから20名ほどの子供たちに、学校の近所のEtut Merkez(子供達が授業の補修的にレッスンを受けたり、宿題をしたりする場所)で簡単な英語のレッスンを教えてます。その子供たちの中から、イルファン、ベルカイ、ベラットの3人がバスケットボールの対抗試合に出るというので、木曜の朝、デニズリスポーツサロンへ、3人のママさん達と一緒に応援に行ってきました。

スポーツサロンなんて、大げさな響きだけど、要するに室内体育館です。(ちょっと待って。体育館って、絶対室内?「室内体育館」なんて言わないっけ??(なんかすごいバカっぽい・・・))行ってみたら、まだ前の試合が行われてました。

入るなりイルファンを発見。(かなり大人ぶってる10歳。でもちょっとイキがって髪型とかジェルで決めてるあたりが、背伸びしているようでかわいい。)「来たよ~イルファン。がんばってねぇぇ~!」と声をかけたら、「イルファンじゃない!ジムボムだっっ!!(注:ジムボムとはトルコのフットボールリーグの強豪、ガラタサライの愛称)」と怒られた。

とにかくベンチに座ってチャイを飲むことに。(また?でも今度はフリーじゃないよ。)たくさんの子供たちの巣窟にいまや足を踏み入れてしまったとあっては、子供たちに集中砲火を浴びせられる(ジャポンジャポン攻撃による)ことになるのは覚悟の上ではあったけど、やっぱり来ました、早速。隣のエリアに座っていた子供の一人が「あれ?ジャポン?」と気づいてから、みるみる広がる子供たちの興味。

「おーすげー!」「トルコ語分かるのかな~?」「ジャポンジャ(日本語)しゃべろよ~」「ヘロ~~~~」「英語分かるかなぁぁ?」と色々な声が飛ぶ飛ぶ。あまりジャポンとうるさいので、「ジャポンジャポンじゃないっ!アサコアブラ(注:アブラはお姉さんの意味)と呼びナサイ!」と文句を言ったら、今度は「アサコ~アサコ~」と忘れた頃に呼ばれ続ける・・・。あー飽きることなきジャポンへの愛情。。その執着をぜひもっと役に立つことに生かしてネ、チョジュクラ~。

とかなんとかやってるうちに試合開始。スターティングメンバーにはベルカイ。なかなかいいパス出してます。実は私は中学でバスケ部、大学でバスケのサークルにいたこともあって(サークルじゃほとんど飲んでただけだけど・・)バスケは結構好きなんです、ヘタだけど。途中からイルファン(ジムボム)がメンバーチェンジで参戦。こいつが生意気だけど(?)いいパス出すし、がんがんシュートうってくる。いいね~、アグレッシブな動きがターキッシュでいい感じじゃないですか。

試合は17対0(相手チームのゼロもどうかと思うけど、17点しかスコアがないってのもすごいけど。。私が学生の時は確か前半45分、後半45分みたいな長さだったと思うんだけど、それよか全然短い時間だったせいもある。これはトルコルールなの?それとも日本だけ長いの??)で終了。19 Mayisの子供たちは大喜びでした。

がんばってるコドモたちの姿は、国に関係なくやっぱステキかも。。と思った瞬間デシタ。
[PR]
by asakosaru | 2006-03-11 06:48 | Denizliで暮らす

トルコの薬屋さん

今自分のHPを開いたら、ぴったり1000hit目だった!!!自分で記念すべき1000hit目を迎えてしまったぁぁぁ!!ミナサマ、日頃のご愛顧、誠に感謝デス。これからもどーぞよろしくお願いシマス。

さて、今日はクヴァの為に薬屋さん(Eczane=エジュザーネ)に行ってきました。腕に湿疹ができてしまったので、会社に週何回かやってくるドクターに診てもらい、処方箋を書いてもらったので、その薬を買いに行きました。

さて、ここでトルコの保険制度について。会社員の義務づけられているSSK(=Sosyal Sigortalar Kurumu。略してセーセーカーといいます。)という社会保険が健康保険も兼ねており、SSKが使える薬局に処方箋を持ち込んで買うと、実際の価格の20%の金額で購入できます。
f0081886_136487.jpg

この手帳に処方箋を書いてもらうわけです。

でもこのSSK、どこの病院でも使えるというわけではないらしく、また処方の難しい薬を購入する場合は、いくつかの書類を用意しなければなりません。Heyet Raporu(これは日本語で何というんでしょう?)という書類を作成する→ドクターから処方箋をもらう→さらにSSKが使える病院で別のドクターにapprovalをもらう→薬局でやっと購入!!というめんどくさいプロセスを踏まないといかんわけです。Heyet Raporuを作成するまでも面倒な上、ドクターのapprovalをもらう為の順番待ち番号をとる為でさえも、Vizite Kagidiという別の書類を会社からもらってこないといけなかったりします。(一度これを忘れ、しかもこれの存在を知らなかった為、窓口のお姉さんの言ってることが理解できなくって、ピンチにおちいった経験アリ。)

とまぁ、長々と書きましたが。湿疹のお薬はそんなに面倒なものではないので、処方箋を持って行きつけのEczaneへと行きました。なんでか知りませんが、トルコには至るところにEczaneがある気がします。すっごくたくさんあるのです。マツキヨなみにたくさんあるけど、マツキヨみたいに便利じゃないんだけど・・・。

待たされてる間、チャイを頂きました。そうそう、これは薬局に限らず、お店に入ると「何か飲みますか?」と聞かれてチャイを出されることが普通にあります。靴屋でも洋服屋でもメガネ屋でも、至るところでチャイ飲みました。

f0081886_21375.jpg


やっぱりお茶文化なんですかね~。
[PR]
by asakosaru | 2006-03-08 01:33 | Denizliで暮らす

トルコで日本食

先週の金曜日、何回か英語のozel ders(プライベートレッスン)に来てくれていたトューバさん(というかちゃんと呼びたい感じのキュートな女性ですが・・)のおうちに夕食をごちになりに行きました。もちろん私も手伝いました。2人で作ったのはトルコのミートボール、キョフテ。日本食でも(例えば味噌汁とか?)家によって作り方が微妙に違ったりしますよね。彼女のキョフテもうちのアンネのとちょいと違う。。

○レモン汁を入れる。(肉の臭みをとるためだそうです。)
○サルチャ(トルコのトマトペースト)を入れる。


ちなみにサルチャはこんなペーストです。
f0081886_6493653.jpg

とっても濃いぃペーストなので、お料理にスプーン一杯程度って感じ。

アンネのは、ひき肉にGaleta un(なんでしょう?これは。パン粉みたいものですね。これの代わりに硬くなってしまったパンを水につけてふやかしてから、水を切りまぜることもできます。)、玉ねぎをすったもの、パセリ、塩、黒こしょうを入れて作ります。サルチャ、レモンはなし。クヴァはトューバのも気に入ってたみたいです。今度うちでもまたやってみよーっと。ちなみにアンネレシピのキョフテは日本でもできると思いますので、ぜひお試しを!一口大にカットしたポテトと一緒にオーブンで焼くか、フライパンで焼くかしてもオッケイ!アーフィエットオルスン!(召し上がれ!)

トルコ料理は世界3大料理のひとつ。(あんまり知られてないですけどね。。フランスがヨーロッパ代表、中国がアジア代表、そしてわが愛しのトルコが中東代表というところでしょうか。)結構日本人の口にもあうかな~と思うのが、米主食であること。米大好き人間の私にとっては、これはとーっても重要なことです。トルコ人は米以外にもパンも食べます。炭水化物×炭水化物=太るなので、なるべくパンは食べないようにしてますが、できたてホヤホヤだったりすると、スープと一緒にどんどんいけてしまふ。。ふ~気ぃつけないと。。

そんなトルコ料理ですが、やっぱり恋しくなる日本食。ちなみにうちのクヴァは結構日本食がイケます。そばなんかもきちんとすすって食べますよ。たまに食卓に並ぶうちの日本食ラインナップ・・・

○のり巻き(ツナマヨときゅうり。コーンマヨ。卵焼きなど巻いてます。)
○味噌汁(具はふえるわかめちゃん。)
○しょうゆごはん(しょうゆと干ししいたけを炊きこんで。)
○肉じゃが(でも肉は牛か鳥。)
○チャプチェ(これ、和食じゃないや。ベトナムかどっからしいです。春雨、鳥肉、ピーマン、
干ししいたけを細くきざんで、しょうゆと砂糖とごま油で炒めたもの。うまいです、かなり。)
○そば、うどん(揚げ玉は欠かせません。)

ここに週末新たにお好み焼きが追加

f0081886_7135147.jpg

マヨネーズとおたふくソースの絶妙なからみあい・・あぁぁぁぁ。

これはすぐできるし、うまい!!!はまりました。クヴァも日本で食べたお好み焼きがヒジョーに気に入ったらしく、大好きメニューになったので、喜んで食べておりました。

やっぱり故郷の味。。日本食バンザイ!!!

関係ないっすけど、オスカーの再放送やってて、まだまだ眠れそうもありません。。深夜ってなんか食べたくなるんですよね。あーお茶漬けが食べたくなってきた。。
[PR]
by asakosaru | 2006-03-07 06:56 | Denizliで暮らす

ママさん朝食会

3月に入っていきなり気温アップ!1、2日とコドモ達のレッスンがあったのですが、相変らず方々から「オーレットメニィィィィィィム!!!(「私の先生」という意味デス。前にも書いたけど一応。。)アサコォォォォォォォ~」と叫ばれる80分。汗たらたら~~~~。

しかし2月後半は雨続きって感じだったので、やっぱこう天気いいと気持ちイイもんっすね。今朝うちのバルコニーから撮りました。すっごいちっさいけど、アパートの上の方に、てっぺんに雪を頂いた山々が見えますでしょーか?
f0081886_2144723.jpg


週末は、私が教えてるコドモ達のママさん達主催で、デニズリから2時間半ほど車で行ったところにあるウスパルタへ、スキー遠足へ行くらしいです。(私は残念ながら行けないんだけど。)雪もそろそろ溶け出しちゃうからラストチャンスですね~。コドモ達大はしゃぎの様子が目に浮かぶ~~~。。

話変わって、昨日は例のママさん朝食会にまたまた参加してきました。(レギュラー化しつつあるけど。。)今回は参加しないつもりだったんだけど、前の晩にお隣のビルセンアブラに、

ア:「明日はちょっと用があって行けないんです~~。また次回に。。」
ビ:「なんで~なんで~、どんな用事???朝行かなくてもいいじゃないぃぃ」
ア:「でも今回で終わりなわけじゃないし。。次回絶対行きますよ~!」
ビ:「用事なら手伝うわよ~。車で送ってくしぃぃぃ。」

とものすご~~く強引にお誘い受けてしまったので、仕方なく(?)行くことに。ま、用事も朝じゃなくてもよかったのも事実なんで。。

行ってみたら、強引に誘われた理由が判明。

シュープリ~~~ズ!(サプラ~~~イズ!)
f0081886_228585.jpg


でこのサラダボウルをバースデープレゼントに頂きました~~。

仕方なく。。なんて言ってゴメンなさ~い。参加して2回目の朝食会のママさん達からバースデープレゼントをもらうとは全く想像してなかったもので。。どうもありがとうママさん!!

朝食会は週末のスキー遠足の話とコドモ達同士のコイバナで盛り上がってました。誰が誰を好きだとか、誰が誰にラブレターを書いただとか、誰が誰だか分かるだけにちょっとおもしろかったかも。。

しかし、この朝食会。毎回毎回ものすごく盛りだくさんの朝食が用意されるんだけど、順番にやってるみたいだから、いつかうちの番もくるってことかなぁぁ。。それはそれで大変。。
[PR]
by asakosaru | 2006-03-03 02:37 | Denizliで暮らす