カテゴリ:Antalyaで暮らす( 12 )

突然ですが・・・。

相変わらず非常に唐突なんすけど・・・。ブログお引越しです。


心機一転!新しいブログはその名も・・・




「トルコから地中海を眺めながら生活する日記」
でございます。





内容、趣向、一切変更なし。サイトのデザイン的なものを少し変えてみたくなったという、ただそれだけなんですが・・・。(また戻ってくるかもなー。)


つきましては、大変大変ご面倒ではありますが、リンクの貼りかえのほど、お願い申し上げます。。。
[PR]
by asakosaru | 2007-11-11 07:35 | Antalyaで暮らす

夏の思い出・・・。

夏真っ盛りの今日この頃、皆サマいかがお過ごしでしょうか?日本ではようやく梅雨があけ、本格的な夏が始まったとかなんとか・・・。(母談)←梅雨明けってこんなに遅かったっけ?


私の住む南トルコ・アンタルヤでは、もう「4月ぐらいから夏」と言っても過言じゃないくらい、ナツナツナツナツココナッツ(懐かしいと思ったそこのあなた。友達になれます。)な感じで過ごしております。


ブログ更新は1ヶ月ぶりぐらい?気づけば7月がとんでるし。8月になったことだし、何か書くべ、と思い立ってきたものの、何を書いていいのやら・・・。


こうなったらやっぱり・・・・













祝 引越し !
↑まだまだひっぱる。


そう。ついに私ども、念願のホームスイートホームへの引越しを果たしました!あーーー自分っちってサイコー!とかつぶやきながら、ビールちびちびこれを書いています。


ところで新しい家には、比較的広めのテラスがございまして・・・


f0081886_3145629.jpg

こんな感じとなっておりまして、もう目の前は隣近所。なんというかここでお肉をドドーンと焼いてみたり、ビールをガッツガッツと頂いてみたりしたい今日この頃。
(それにしても近所が近い。)






暑い盛りの引越しは、内壁の塗りなおし等々も含めて、トータル2週間ほどかかりました。ここで、今回の引越しを振り返ってみると・・・


*爽やか・小ギレイ(※日本の引越し屋さんのアサコサルのイメージ)とほど遠いひげ面達(引越し屋)が、Tシャツが汗でぬれそぼるのも気にせず、冷蔵庫やらベッドやらをなんと背中にしょって、2階(日本式にいえば3階)まで上ってくれたね・・・


*普段の仲の悪い(あー暴露しちゃったー)舅姑、特に小うるさい姑に、ほぼやり込められていた舅も、黙々と働いてくれ、そんな舅の姿に、姑もいつもの仕切り技をいかんなく発揮し、何気に見事な連携プレイを見せてくれたね・・・


という事で、クマが引越しの為に休むという事ができなかったので、舅姑のヘルプには感謝感謝ではあります。



ところで、お向かいさんに、クマが昔通っていた塾の時の友達が住んでおり、しかも新婚さんで、ダンナさんはデニズリ出身、という、世間は狭いわねーー的な偶然が発覚しまして。感じの良い、美男美女カップルであります。


実は昔からの知り合いだった・・・と判明したのも、姑の動きが関係しておりまして。引越し当日は、お向かいさんからひっきりなしに人の出入りが。それをジッと伺う姑。もうがん見でしたよ、本当。少しして、タイミングを見て朗らかに、「メルハバ~~(こんにちは)」と挨拶したものの、気付いてか、気付かないでか、ばっちり無視される姑。


しっかり「スイッチ」の入ってしまった彼女は、お向かいさんまで出向き、「ここに住んでる人はどなた?」と。「向かいに引越してきたのだけど、挨拶もなし、何か手伝いましょうか?と言ってくるのもなし、当然引越しは大変なわけだから、冷たい水の一つも差し入れてもいいんじゃないの?」とやんわりとたしなめる・・・。あくまで笑顔で。


あわてて、「今日はお客さんの出入りがあったので、なかなか手伝えなくてごめんなさい」と殊勝な態度を見せるお向かいさん。私は密かに、「この人を敵に回すとやばい・・・」と思いました。


後日、お向かいの彼女からは、「やっぱり先生って感じよねーー」(姑は学校の先生してました)との事。なんというか同感。ま、姑の言ってる事も確かだけど、日本人的感覚で言えば、こちらからお願いに行ってもしかるべき状況じゃなかったか、と。日本でなら、キレるのはお門違いって言われそうだなーと思いましたが。トルコでは普通なんですかねーーー。


と、軽く異文化体験(?)などもしつつ、引越しは終了を迎えたのでした・・・。2007年の夏の良き思い出だね。
[PR]
by asakosaru | 2007-08-02 03:00 | Antalyaで暮らす

ホームスイートホーム

最近、すっかりMixi日記にはまり込み、ついついおろそかになりがちなブログ。
(って前からかなりおろそか。)


トルコに11日に戻ってきてからしばらくは、姑&舅宅を、彼らがいないのをいいことに、我が物顔で占領し、実に楽しい日々を過ごしておりました。「白夜行」は残すところあと2話だし、ドラマの雰囲気に影響されて、普段聞く事のない柴崎コウの歌とかダウンロードしちゃうし、「のだめカンタービレ」の千秋先輩に夢中になるし。(顔がよく、ピアノが弾けて、料理のうまい男に弱い。)


先週土曜の夜に、飛行機で姑&舅ご帰還。正直、「あー帰ってきちゃった・・・」感、自分の中で否めず。(でもここは彼らの家。。)その時、本当に強く、強く、「ホームスイートホームが欲しい・・・」と心の中で願ったのでした。


で。


先回も家探ししてるよーっと書きましたが、ドリームハウス(賃貸1000USDとか、2000EUROとかふざけたやつ)とか見てるヒマあったら、白夜行見てるヒマあったら、本気で探せ、と自分を叱咤激励し、週末に向け、「候補物件リスト」作り。(間に少しだけのだめ。)


そして週末にはサイトから気に入った物件めぐり。そしてリコンの危機。何故って、クマには熱心さが足りん!すぐに飽きる。しまいには、「腹減った」って、あたしも腹減ってんだー!!!とか、実に家と関係ないポイントで、喧々諤々やっていたのでした・・・。


トルコでの家探し、というのは初だったけど、本気で驚いたのは、不動産屋が結構自信を持って勧める物件に連れて行かれた時の、その物件の「ありさま」。前の人が出て行った、まさにそのままの後、という感じで、とにかく汚い。もうそれだけで、「ここは家か?」と問いたくなる。この話題は、先にMixiで書いたが、その時のみなさんのコメントを見ると、実は私が見た以上のものを目にした、そんなチャレンジャーな物件にぶちあたっちゃった、ある意味ラッキーなツワモノがいるらしい。。


これをネタにブログを書いてもおもしろいかもなーー。(でもみてくれキツイか。)


実は、これを書いてる今、Mixi日記を見て下さった方はすでにご存知だと思うが、我々のホームスイートホームは、ほぼ9割決定段階にあります。色々見たのに、色々調べたのに、最終的には、親戚の持ち家に決定・・・。


あー、一生懸命調べたのになぁ・・・。


でも、色々調べたおかげで、アンタルヤの地理に少し詳しくなったし、インパクト的にはブログのネタになりそうな物件も数々見たし。(でもルックス的に私の高尚なブログには合わないので、写真掲載の予定はありません。)終わりよければ全てよしですね♪


あ、でも一番勉強になったのは、こういう共同作業での「ダンナの協力度」かなぁ。(まー、でも一応奴の名誉の為に書きますと、かなりのハードワークの中、時間を削って一緒に回ってもらいましたが。)


ちなみにお引越し自体は、まだ1ヶ月以上先です。それまでは、姑&舅んちが、ホームスイートホーム。(になるかー!!!)
[PR]
by asakosaru | 2007-05-22 22:53 | Antalyaで暮らす

お騒がせ致しました(汗)

皆様、毎度お騒がせアサコサルです。

1月10日の記事、「クマ結婚指輪紛失事件」ですが、本日無事解決をみました。指輪は約1週間ほどの間、洗濯機の中で眠っていたものと思われ、本日、アンネがシーツを洗濯した後、取り出す時に「コロリ」と出てきた模様です。ってか、

洗濯する前にはよくポッケを確かめてから洗いましょう。(←教訓)

Yukacanさんがおっしゃっていた通りだったわー。でもクマと、指輪を失くした~と騒ぎ出した日に、「ポケットに入れた」と言っていたズボンは、洗う前に散々裏返したりなんかして、きちんと確かめたつもりだったのだけれど。つまりは、別のもの(シャツとか?)のポケットに入れてたのかね。。今となっては真相知れず。

ともかく、無事手元に戻って参りまして。(←でも本音はちょっと新しいヤツ買うのもいいかなーと思っていたりしましたが・・・。)

しかし、今日はこんな「一安心」なニュースがあったにも関わらず、ついにホテルのMGにブチギレまして、かなりぐったりです。彼を簡潔に言い表すなら、「傍若無人」「責任転嫁」「仕事せずに高給取り」「モウロクしすぎ」(←簡潔じゃないか?)。トルコはともかく(?)よくあんなんでドイツでMGやってたよな~と思う。(ドイツの事情を存知ませぬが。にしても彼が仕事をきっちり(←ドイツは何でもきちんとしているイメージ)やり遂げてるところなんて、全く思い浮かばん。)誰かヤツをしばいてくれーーーーーーー!!!



本日のおまけ:お口直しに、トルコのほんわか(?)カップルさん。(←すいません、絵的にはあんまり「お口直し」っぽくないですが。)

f0081886_6255186.jpg

とある日曜に公園でこっそり写した老夫婦。トルコ人は、チェキルデック(種。主にひまわりの種ですな)が大好き。いたるところで、チェキルデックをポリポリやってる人を見かけます。このご夫婦も、座るなり、チェキルデックを出してポリポリ。会話一切なし。ひたすらポリポリ。でも妙に幸せそうな空気が漂っていて、年取ったら、こんなんもいいなーと思いました。
[PR]
by asakosaru | 2007-01-16 05:45 | Antalyaで暮らす

新年早々に・・・・(汗)

正月気分、一人続行中のアサコサルでございます。なぜなら、年末年始とデニズリに行ったきりのカイナナ&カユンペデ(義母&義父)がまだアンタルヤに戻っておらず、家で一人悠々自適♪ここぞとばかりに日本食食いまくりです。(でも一人なのでインスタントばっかりですが・・・。)

とはいえ、やっぱり物騒なので玄関ドアはきっちり施錠。「見知らぬ人が来ても開けんなよ」とクマに固く言いつけられてます。そんな今日の夜・・・・

ピンポーン。ドア越しに除くとピザの箱が見える。「コレは絶対間違いだな。」と思い、無視を決め込もうと思ったら・・・

ドンドンドンドンとドアを叩く音。ひー。


「誰ですか?」


「・・・・」


返事がない。でもドアだけはドンドンと叩かれる。


コワー・・・、とちょっと及び腰でドア越しにのぞくと、ヘンな顔を見せる人物。

ってか、ちょっとふざけんなーーー(怒)。クマでした。

サプライズで、予告なしにスィデから帰ってきまして。シーフードピザの箱がなかったら、お尻蹴っ飛ばしてやっていたところです。(本当にちょっとビビリました。)でも大好きなシーフードピザだったので許そう。(←単純明快です。)

ところで。新年早々、このクマがやらかしてくれた事があります。実はー

2日程前から、どうやら結婚指輪が見当たらないらしい・・・(汗)。

一度はずして、ズボンのポケットに入れたまでは、きちんと確認してるらしいのですが、その後どこでどうやって紛失したのか、まったく記憶にないと(怒)。2年前にも、お財布ごと銀行のATMの前に置き忘れてきた事もあるし、しょっちゅう車のキーがない、家のキーがないと騒いでおったので、コイツはまた何か失くすだろうな~と思ってたら、こともあろうに新年から結婚指輪紛失・・・。

幸先いいじゃん(怒怒怒)。

数日、本人はかなり凹んでおりましたが、今日会社の男性陣に「結婚指輪を失くしたことがあるか?」と質問したらしく、なんと9割が一度は失くした経験がある(!!)との事で、少し安心してました。というか、チョットー安心するところじゃありませんよー。クマのボスは、失くしたことを奥サマに伝えず、同じものを再オーダーしたんだとか。

というかこれは普通なのでしょうか??皆さん!!

今のところ家、車の中、隈なく探してみましたが見つかりません。これ見つからなかったら、新しく買うってのもアリかな?♪
[PR]
by asakosaru | 2007-01-10 08:38 | Antalyaで暮らす

新年明けましておめでとうございます。

皆様、新年明けましておめでとうございます!!!!

年明けて早くも3日目。本来なら、今日までオフだったはずのクヴァは、パトロン(ボス)に呼び出されて、ぶつくさ言いながら仕事にでかけて行きました。というわけで、いきなり家で一人になっちゃったけど、これはこれでブログ書いたり、写真の整理したりいいチャンスじゃん、という事で、ひがな1日、パソコンと向き合ってます。。。

ブログの方にも、たくさんの新年メッセージを頂きまして、本当に本当にありがとうございます!!こうしてトルコはもちろん、日本や海外からコメントを頂けるのは本当に嬉しい事ですね♪よ~し、今年は少しはペースアップして更新に励むぞ~~!(と毎回言っている・・・。)

さて、新年最初のブログは、我々の年越しレポートから。思い返せばトルコに来てから迎えた過去の年末年始は・・・・

2004年:ホテルの年越しパーティーに、シェナイ(クヴァのいとこ)のおかげで格安料金でもぐりこむ。クマ、めちゃくちゃ飲む。その後奇怪な行動に走る。

2005年:エーゲ海の町、クシャダスにでも行きたかった我々。しかし年末、クマが銀行のカードをATMの前に置き忘れてくるという大失態をおかし、家で何もせず過ぎる。

2006年:家に友達を呼んでディナーをやるというので、ホールチキンでスタッフドチキンでも作るぞ!と気合い十分。しかし生焼けチキンを振舞うという失態をおかす。トンバラ(トルコのビンゴ)とワインで年越し。

という感じで過ぎていきました。2004年の時は、真面目に手に負えないぐらい酔っ払ったクマ。しかしあれをきっかけに結婚を決意した(なんで??)と言っても過言ではございませんでしたので、とても思い出深い年末年始でした。

前置き長いですね。そろそろ本題。

f0081886_23583291.jpg

ホテルは、コンヤアルトゥビーチにほど近いPorto Bello Hotelです。バルコニーからの眺めが最高!!

もちろんホテルには、温水プール他、サウナ、ハマム、ジムなどの設備も整っており、片っ端から使いたかったのに、部屋のバスタブに浸かっているうちに気分が悪くなりダウン。なにやら微熱まで出てくる始末。

一方でクマは片っ端から全部楽しんで、顔ピカピカになって帰ってきました。日頃の行いか?

でもこのままでは悔しいので、気合いを入れて(?)ディナーは行くことに。

f0081886_0135255.jpg

どのテーブルにつくかは、予め部屋ごとに決められていて、うちらは見知らぬトルコ人カップルと同じテーブル。(これはちょいと気まずい・・・。でもいい人達だったけど。)

7時ぐらいから、会場の外でカクテル、ワインなどのサービスが始まり、ここから年明けまでの5時間かけて、ゆっくりゆっくりディナーは進んでいきます。(ってかゆっくり過ぎでは?)

ちなみにメニューはー

①前菜(オードブル)
②チキンのボレッキ(トルコ風パイ)
③レモンのシャーベット
④サラダ
⑤牛肉のヒレステーキ、ほうれん草添え
⑥チョコレートケーキ&フルーツ

これをそうだな~、4時間ぐらいかけましたかね。間にトルコ人の、どう考えてもがつく素人による音楽演奏が延々と流れます。た、退屈過ぎ・・・。「歌う」というよりも「叫ぶ」という感じ。正直私が歌った方がいけるんでは?とまで思った。。

そして定番ですから。ベリーダンス。

f0081886_031341.jpgなかなかにおキレイな方でした。そしてもちろん男性陣からのチップも忘れません。すぐチップ払いそうな人選んでんなーという感じで、華麗に踊りながら寄っていくと、必ずと行っていいほど、男性からチップが払われます。退屈そうにしてたクマもこの時ばかりは真剣に見てました。おい。



そしていよいよ新年へのカウントダウン。長丁場なので、さすがに退屈を隠せない雰囲気の客も。。でもいよいよ新年となると、皆立ち上がり、せっかくなのでと盛り上がる!うちらもやる気出てきて、各人に渡されたパーティーハットとかかぶっちゃったりして。

そして・・・・・ホシュゲルディン(ウエルカム)2007年!!!と共に流れた音楽は・・・・

やっぱりジングルベル♪でした(笑)


f0081886_0595915.jpg目覚めて翌朝の元旦。TVでもやっぱり「サンタクロース」(爆)
元旦はせっかくオールインクルーシヴなのだから、食べまくってやる(発想が貧民)と思っていたのに、ノロウイルスに(でもここはトルコ)やられたのか(?)、お腹を下し、全然食べられなかった(泣)。あーあー、何が楽しみって、これを楽しみにしてたのによーーーー。


f0081886_103122.jpg

そんな私を海が慰めてくれました。なんちゃって。

2007年もどうぞよろしくお願い致します!!!
[PR]
by asakosaru | 2007-01-04 00:02 | Antalyaで暮らす

良いお年をお迎え下さい♪

今、日本時間で午後9時を回ったところですね。(トルコは午後2時です。)いよいよ、新年まであと3時間!年越しそばを食べる、紅白を見る、パーティーに繰り出す、家で食べまくり・・・と思い思いの過ごし方をされてるのでしょうねぇ~。エンタメニュースによれば、今年の紅白はなにやら、怪しげな発言をしているアーティストがいるらしい・・・?もうここ4年、紅白が見れていないので、「年越しといえば、紅白→ゆく年くる年(ご存知?)」のアサコサルは、いまいち「年越し」って感じがしてません。。

そんなトルコでの年越しも、「関係ない。通常と同じ」派、「パーティーに繰り出すぜ~」派、と色々です。。去年は、家で生焼けの丸ごとチキンと、トンバラ(トルコのビンゴ)と友人達と過ごした年末。今年はホテルで1泊。オールインクルーシヴプラン。派手派手衣装のトルコ人達に負けないように(?)しないと・・・。

今年2006年は個人的にも、軽く「飛躍(?)の年」でした。来年の目標ズバリ!「完全引越し」、「週末婚から撤収」です!!

今年2006年に新たにブログを通してお知り合いになれた皆様へ、日本からいつもサポートしてくれる大切な友人達へ、Herkesi Opuyorum !!!(みんなへキスを!!)

2007年も皆様にとって、良き1年となられますよう・・・。
[PR]
by asakosaru | 2006-12-31 21:27 | Antalyaで暮らす

2nd Anniversary

皆様、メリークリスマス!!(って日本はすでに25日過ぎてる・・。)

とはいえここトルコでは12月25日は何の日でもございません。朝ホテルに行って、他のスタッフにはりきって、「ギュナイドゥン(おはよう)!メリークリスマス!!」とか言ってみたけど(もちろん返事なんか期待しちゃーいないけど)、反応1名のみ。(ちょっと西洋かぶれの若年スタッフのみ。)

でも前回の日記で書いた通り、「トルコの年末クリスマス」はこれから。なので、今日になってようやく、ジジイ(MGのことですが、勝手にこう呼ばせて頂いてます、内輪ネタ)が、はりきって、ツリーだの、モールだのの調達を始めました。スノースプレー(と書いてあったので・・・。窓とか鏡に絵を描いたりする為の白のスプレー)で、じゃんじゃか雪だるまやら、クリスマスツリーやらを描きました。他スタッフ、全くもって絵心がないからな~、私が書いたかなりへっぽこツリーとかに、「おぉぉぉーさすが!!」とどよめきが。気分はアドちゃんです。(古すぎですか?)

さて。昨日12月24日。実は、2回目の結婚記念日でございました♪(お察しの通り、ちょびっとイヴ狙いました、正直。ハハハ。)ちなみに12月24日は「入籍記念日」。我々には、この他「出会った記念日」と「ウエディングパーティーをやった記念日」なぞありますが、12月24日が、トルコ式にクヴァと「夫婦」になった日にあたるので、この日を一番大事にしている我々です。

あれこれ考えた結果、ディナーに行こう!(←考えたわりに普通。)という事で、Laraビーチに向かう途中の海辺のレストランに決定。

最初にメゼ(前菜)をワゴンで運んでくるのですが、これまた色々目移りして全然決まらない。挙句、アボガドピューレ、ひよこマメのピューレ、ハイダリ(ヨーグルトにガーリック、ディルなどを混ぜたピューレ)、イワシのマリネ、カラマル(イカフライ?)、マッシュルームのソテー、全6品(!)。アボガドのピューレが、ガーリックがきいてて、サイコーにウマいっ!!!あたたかいピデがどんどんどんどんいける。

でも6品ははりきりすぎ・・・。そのあとレストランオススメのステーキ(しかもパトゥルジャンキョズレメ(火であぶってペーストにしたナス)にカシャールペイニル(チーズ)のソース付き)を頂きましたが、(これがまためちゃめちゃウマ~~~)メゼはりきり過ぎなきゃよかったよ・・・・。(前半からスパートかけちゃうところが貧民のなせる技か。)でももちろん完食しましたけどね♪

昔、某TV番組の大食い選手権とか好きでよく見ていて、ステーキ20枚とか平らげる人、「あれくらいワシでもできるわい(←誰?)」と思っていたけど、やっぱムリです。

でもおいしいものを食べてる時って、なーんであんなにも幸せになれるのでしょうか?(←人間のどんな欲の中でも、いっとう食欲の強い女なので。)

こうしておいしい「2周年記念日」は過ぎていきました。2年間、あっという間だったなぁ。まだまだ2周年だけど、レストランで向かいに座って幸せそう~な顔して食事をするクマの顔を見ながら、「これからもコイツと生きてくんだなぁ」なんてしみじみと感じました。(セリフが男前ですね、ちょっと。)これからもよろしくね、クマちゃん♪


本日のおまけ:トルコのケディ(猫)ちゃん。
f0081886_4351435.jpg

なんか写真がなくてさみしいので。某カフェにて。ポテトフライとビールで一杯やってるところに乱入の猫ちゃん。「ボクニモクダサ~イ」。
[PR]
by asakosaru | 2006-12-26 03:49 | Antalyaで暮らす

トルコでサンタクロース!?

12月も早くも半ばを過ぎ、気がつけばもうすぐクリスマス。この時期になるとよく、「トルコのクリスマスってどんな感じ?」と聞かれます。

国民の99%がムスリムというイスラム教国トルコ。そんなトルコでは、どういったわけか、クリスマス=年末ということになっているらしい・・・。初めて迎えた2003年のトルコの年末、泊まったホテルが辺り一面「クリスマスカラー一色」。サンタの格好をしたお姉さんに、クリスマスソング。「今日何日?」って真面目に思いましたよ。1,2ヶ月も前からクリスマスな雰囲気で、当日過ぎれば即撤収→門松などお目見え、という日本からすると、ちょっと不思議な感じがしました。

アサコサルは、「クリスマスなんて、デパート商戦やらなんやら、みんな踊らされてるんだーっ、てやんで~こんちくしょう~。」(←クリスマスに良い思い出がない人(汗))と夢のない事を思ってたりしましたがー、

f0081886_5939.jpg

「すっかりクリスマスやね~♪」

f0081886_5132186.jpg

「階上からも撮っちゃうぞ~」

f0081886_595526.jpg

「あーサンタだ、サンタ♪」(←オレンジ絞ってるとこがやっぱトルコ。)

って即かぶりつきで写真撮影しちゃいました♪(←一番踊らされてるチックなジャポンだったに違いない・・・。)

ところで、サンタクロースの起源は寒い北欧にアリ、というイメージですが、実は4世紀にかつてのギリシャ人の街、ミュラ(現在のトルコ)に実在した「聖ニコラウス司教」という方がモデルになっているそうです。貧しさの為に身売りされそうになった娘さんの家の煙突に金貨を投げ入れ、一家を救ったという伝説が、「サンタさんが煙突からプレゼントを運んでくる」というサンタストーリーの原型になっているのだとか。

こちらのサイトを参考にさせて頂きました♪~eigotown.com~

f0081886_7123246.jpg
アンタルヤから地中海沿いに西へ進むと、カシュという町があり、そのまた隣の町デムレにある、聖ニコラウスの像。ちょっとさみしい感じ・・・?



ちなみにサンタクロースはトルコ語で「Noel Baba(ノエルババ)=Father Christmas(イギリスではサンタクロースをこう呼ぶそうですね)」といいます。なんだか響きがかわいくないですか?







おまけ:本日のメフメットサリ君♪
f0081886_7281225.jpg

ジャポンヤのうちのオトンから送ってもらったニッポンの駄菓子が大のお気に入り。「冗談じゃなくて、本気でマサオデデ(マサオおじいちゃん)だ~い好き♪」とおっしゃってました。「冗談じゃなくて・・・」が「お菓子もらったから言ってるわけじゃないぜ」って感じでちょっとウケタけど。口にくわえてるパイプは、息を「ふ~っと」ふくと、小さなピンポン玉が空中に浮くというヤツです。小さい頃ありましたよね?(ない?)懐かしくなって、一緒になって遊んじゃいました。
[PR]
by asakosaru | 2006-12-16 05:30 | Antalyaで暮らす

私のHP

突然ですが。2年ほど(多分?)続けておりました私のHPの方をクローズさせて頂くことにしました。

最近は全く手付かずでございましたが、コメントなど残してくださった皆々サマに感謝感激。これからはブログ1本全力投球(?)で、トルコ生活のあれもこれもお届けしたい!!所存でございます。なるべく滞らせたくないんですけどね・・・。でものんびり書いてきます。

つきましては、HP、「Asako's Turkish Life!」をリンクしてくださってるミナサマ、ブログ、「アサコサル的トルコ生活」http://asakosaru.exblog.jpの方へご変更の程、よろしくお願い致しマス!!
[PR]
by asakosaru | 2006-08-30 06:26 | Antalyaで暮らす