<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

トルコで日本映画!

中学卒業の直前に、卒業イベントの一環として何故か柔道場で(?)映画鑑賞させられた記憶があります。その時見たのが、スティーブン・キング原作、今は亡きリバー・フェニックスが瑞々しい演技を見せる「Stand by me」。Ben E Kingの"When the night has come.."という歌いだしを聞くと、いつもなんとなく卒業前の甘酸っぱい感情がよみがえってきます。(あー本当に若かった!!)柔道場だし、周りは騒がしいし、とてもじゃないけど映画に浸れるような状況じゃなかったのに、「なんか映画ってイイなぁ」と一人感傷に浸っていたチュウボウの私。あれから○十年・・・やっぱり今でも映画は大好きなエンターテインメントの1つです。

そんなわけで自称(かなりの)映画ファン。そんな私が今回楽しみにしていたのが、先週23日に閉幕したアンタルヤの映画祭、「Altın Portakal Film Festival(ゴールデンオレンジ映画祭)」。

今年43回目を迎えるゴールデンオレンジ映画祭と並行して開催されるのが、2nd Eurasia International Film Festival (第2回ユーラシア国際映画祭)。この国際映画祭は、その名の通り、ヨーロッパ、アジアをオリジンとした映画10作品がコンペ対象。期間中コンペ対象作品を含めた約100作品が上映されました。

うちのクヴァも結構な映画好き。今回一緒に見に行ったのは、もちろん日本映画2作品!といっても1作品はインド、日本、フランス、ドイツ合作の作品です。

1本目は「Shinobi」。仲間由紀恵、オダギリ・ジョー主演の2006年の作品。
f0081886_0245333.jpg
時は1614年。血みどろの戦いが繰り広げられた戦国時代。甲賀と伊賀の忍者たちの中でも特別強力な忍術を操る「忍」の忍者達。世継ぎで悩む徳川家康は世継ぎを決める為に、甲賀、伊賀をともに戦わせる事を思いつく。運命的な出会いをし、恋に落ちた甲賀の後継者・弦之介(オダギリジョー)と伊賀の後継者・朧(仲間由紀恵)。愛し合う2人は、共に殺しあわなければならない運命に・・・という、ロミオ&ジュリエット忍者版みたいなストーリー。なんかアニメの実写版みたいな映画でした。正直日本にいたら、わざわざ映画館に見には行かなかっただろうなぁという感想だけど、トルコで純メイドインジャパンの映画を見るのは、なかなかオツなもの。

2本目は「The valley of flowers」=「花の谷」という、日本を含めた4カ国の合作映画。
f0081886_3202870.jpg
映画は広大なヒマラヤの風景から始まる。旅行者を次々と狙っては強奪を繰り返す強盗団の豪胆なリーダー、Jalan(ジャラン)。ある日襲った旅行者が金品を残して逃げていく中、一人残ってジャランを見つめるミステリアスな女Ushna(ウシュナ)に出会う。ウシュナは「夢の中で出会った」ジャランのそばを離れようとせず、強盗団と行動を共にすることに。強盗団の男達は、結束が固く、突然現れたウシュナを訝しがるが、次々と獲物へと導いていくウシュナはだんだんと受け入れられていく。

時が経つにつれ、いつしかウシュナへ情熱的な愛情を持ち始めるジャラン。2人の愛は濃密なものになり、決して操ることの許されない魔術をも操り、超自然的な世界へと入り込んでいく。
「花に覆われた谷では、風が吹くたび海のような音をたてる・・・」海を見たことのないジャランへ、ウシュナが言う。「その花の谷でずっと2人で生きていこう」。

花の谷にたどり着く前に「The valley of silence」(沈黙の谷)にたどり着く2人。そこでimmortality(不死)の薬を手に入れたにも関わらず、ウシュナは命を落としてしまう。ウシュナを失い、不死の命を手に入れてしまったジャランは、ひたすらに東へ東へと歩みを進めていく・・・。

カメラは歩き続けるジャランの足下を映し続ける。そしてジャランがたどり着いたのは・・・。

ここから今までのヒマラヤでのシーンから思いっきり変わって、舞台は現在の日本になる。ここからが意外なストーリー展開で結構おもしろい。後半部分はもしかしたらこれから機会あって、この映画をご覧になるかもしれない人の為に書かないでおきますが。

全体のストーリーのテーマになっているのは、Buddism(仏教)。Reincarnation(輪廻転生)など仏教のテーマを中心にジャランとウシュナの愛が描かれます。途中ひたすら続くヒマラヤでのシーン+仏教をモチーフとした演出で中だるみしそうでしたが、後半でガラッと変わった東京でのシーン+俳優の思いっきり日本語のセリフ棒読みな感じなんかに、妙にはまってしまいました。

この映画でミステリアスなウシュナを演じる女優さん、東洋的な顔立ちにちょっとブルーがかった美しい瞳。ちょっとミラ・ジョボビッチ風な美人の彼女は、「Mylene Jampanoi」という中国人の父とフランス人の母を持つ女優さんでした。
f0081886_4341734.jpg
お美しい・・・。シンプルで知的な顔立ちにすごーく憧れる・・・。

The Valley of flowersのサイト
[PR]
by asakosaru | 2006-09-25 23:39 | オススメ映画・音楽

Oh! Sushi! in アンタルヤ

アンタルヤのちょっと洒落たホテルに入って(泊まってみるお金がないので・・・)みよ~う!勝手にシリーズ第2弾。今回はコンヤアルトゥビーチにほど近いHillside SUに潜入(?)

実はここhillsideには、スシレストランがあるらしい・・・という噂を聞きつけ、外国で食べるおスシにはあんまり期待していない(イギリスで食べたのがぜ~んぜんおいしくなかったので)アサコサルですが、やっぱりスシはスシ。とにかく日本の味に飢えていたので、クヴァの誕生日(といっても8月だから過ぎちゃったんですけど・・・)に便乗してリクエスト。(って何故か私がリクエストしてますが。)

トルコ人は魚を生で食べません。なので、「スシ」が何かを知る方達からは、「うえぇぇ~、生の魚~~~」という反応も頂きました。しかしリッチな人種の間では、スシはちょっとお洒落な変わった食べ物とされているようです。スシはまだまだ都会の(?)リッチな人達のお料理なのです。

クヴァはリッチでもなんでもありませんが、なんといってもジャポンをヨメにもつ男なので、生の魚経験ずみ。しかも結構好きみたいで、「スシ」と聞いて彼もちょっと興奮していました。

さて問題のスシですがーーー
f0081886_071814.jpg

こんな少し・・・(私にとっては)で、29YTL(約2200円)。
f0081886_0115963.jpg

こちらはAkdeniz Role(地中海ロール)。クリームチーズ、アボガドをサーモンで巻いたもの。これはおいしかった!本当。でもこれだけで15YTL(約1150円)。
これにビールでトータル58YTL(約4500円)。これは確かにトルコじゃ高級食品です、はい。

後ろの席でスシの作り方について、うんちくを並べているトルコ人がいたので、チョロッと振り向いてみたら、だまっちゃいました。本家ジャポンに聞かれてると思ったのか。。

正直全然おなかが一杯にならなかったので、バーキン(※バーガーキング)にでも行きたいアサコサルでしたが。さてhillsideですが、ロビーがまた大変モダンな感じになっております。DJのプレイ付きです。ちょっとしたクラブ状態です。
f0081886_234268.jpg

f0081886_2344690.jpg

f0081886_235397.jpg

天井からでっかいミラーボール(?)がたくさんぶら下がってました。これ落ちたら人死ぬよね~なんて不吉な話をしていたのですが・・・。

やはりゲストは外国人のお客様が多いようでした。夜になるとホテルの建物自体の色が変化するのが、海を挟んだ反対側の公園からでも見えます。レッド、ゆっくりとブルーへ、さらにゆっくりとグリーンへ、という感じに。ちなみにホテルの部屋は全てが真っ白だそうです。TVもベッドも何もかも全てが白いらしい・・・。それじゃ病院みたいで落ち着かなそうだなぁと思いましたケド。
[PR]
by asakosaru | 2006-09-12 00:18 | Hotels in Antalya

甥っ子メフメットサリの成長記録

9月1日は、ずーっと続いていた酷暑にピリオドをうつかのような、肌寒い曇り空。2ヶ月(?)ぶりぐらいに雨も降りました。「こうして秋へと向かっていくのね・・・」なんて思っていたら、やっぱりちょっと気が早かった・・・。今日も汗がじんわり~と出てくるような暑さです。

でも空が少し高くなった感じがするし、吹く風も温風ヒーターって感じじゃなくなってきたし。個人的に一番好きな季節が秋なので、またまた気が早いけど、ブログの背景も「秋」に変更してみました。

さて9月は何から書き始めようかなぁと考えていたところに、先日イズミルのyukacanさんから頂いていたコメントが頭をよぎり、リクエストにお答えしてクヴァの甥っ子、メフメットサリちゃんのお写真満載でお届けしようと思いまぁ~す!

2002年5月15日にイスタンブールでご誕生。生まれたての赤ちゃんの時の写真が、PC上にないのが残念・・・。
f0081886_23424984.jpg

2歳と2ヶ月ぐらいの時。赤ん坊の頃から2歳半ぐらいの頃までは、異様にビビられてしまい(私が)、顔を見る度ビービーと泣かれ、大変切ない思いをいたしました。(自称、子供と動物には即好かれるタイプ、なのですっごいショックだった・・・。顔見るたび即、ですよ。そんなに私の顔怖いか~?)
f0081886_2350746.jpg

2歳と10ヶ月。ちょっと眠たげな表情がまた愛らしいぃぃぃぃ。この頃からアンネ(お母さん)の教育の成果あってか、私がどうやら違う国から来た人間だという事を理解し始めてきた模様。だんだんと笑顔を見せてくれるようになりました!!ヤッタァァ!!
f0081886_011674.jpg

ダィユ(おじさん、つまりはクヴァのこと)の帽子をかぶってパチリ。写真からは分かりづらいんですが、マッチ棒がのっかりそうなぐらいまつげが長いんです。マスカラ要らず(?)です。本当にうらやましいです。
f0081886_045520.jpg

トルコでよく見かける不気味な猫のぬいぐるみと寝るサリちゃん。
f0081886_073092.jpg

満4歳の誕生日パーティーをやった時。家中たくさんのバルーンで飾りつけをして、パーティームードの為か、休みなく家中かけずり回り、踊りまくり、(小さくてもトルコ人だなぁ、やっぱり、と思いました・・・。もう私はカンベンして・・って感じだった)それでも疲れ知らずで、サイコーの笑顔を見せてくれました。

彼は私のトルコ語力からして、「アサコもコドモなみ」と思っているふしがあり(悲)、食事の前に「ちゃんと手洗った?」とか聞いてくれます。最近では、私が一人PCに向かっている時でも、そばに寄ってきて色々質問してくれたり、ヒマな時は一緒に遊んでくれたりします。(どっちがコドモ?)赤ちゃんの頃を思えば、格段の進歩!!でももっと成長していくと、そのうち挨拶してくれるのみ、みたいになっちゃうのかなぁ。

我々のベイビーもメフメットサリのように大きなウルウルの瞳の持ち主になってくれたらいいのになぁ。(でもクヴァも「少しジャポン入ってます?」と言われたことがあるくらい、アジアン寄りの顔立ちなので、確実にジャポン顔決定。ウルウルはムリかぁ。。。)

いやいや、メフメットサリのように元気いっぱいのコドモが授かれたら、それが一番!!!
[PR]
by asakosaru | 2006-09-05 00:21 | トルコの家族