<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ついに三十路。

私事で恐縮ですが、先週末の日曜日、私のアシュクム(My Loveの意味。My Loveいうたら、やっぱりダンナサマですよー、ウフフフ・・・。)がついにミッソーワールドに突入!


おめでとう!30歳。


思えば、私もカレコレさかのぼる事ウン年前、やはり30歳のバースデーをトルコで迎えたのでした。その時は日本人にも有名な観光スポット、Pamukkaleで飲もう!という事で、記念すべき人生の節目を、トルコらしいスポットで迎えたわけなのですが、帰りに「車のタイヤが溝にはまって抜け出せなくなり、酔っぱらいのおじさんに助けてもらう」という、通常でもそうそう起きなそうな、トルコだけに「ちょっぴりスパイシー」な思い出と共に胸に深く刻まれたのでした。。。


せっかくなので、ダンナさんにもひとつ「スパイシー」な思い出を・・・という事で、お祝いはレストランMexicanaで、メキシコ料理を堪能。(食い意地張って、写真撮るの忘れて食べまくってしまったので、写真はHPからどうぞーー♪)トルコ料理もおいしいけれど、暑い夏には、スパイシーな風味とコロナビールがサイコー!!!クマさんは元々ラテンっぽいものがお好きなので、料理も音楽も楽しんでいたようです。


私達の食事中、遠く海を見つめながら、なにやらこそこそと絵を描き続ける外国人。数分後に完成した絵は、


f0081886_06849.jpg


こんな感じで、実は私達だった。(若干クマのもみあげ長め。)なんて粋なプレゼント!なんて喜んでたら、あとからガルソンに、「いくらでもいいので、お金を払って下さい」と言われ、若干シラけましたがね。それでもなんだかほんのりとハッピーになれるような絵で、バースデーだった事もあり、いい記念になりました。


続いて日曜日当日。これまたちょっと刺激的な体験をして頂こうという事で、ラフティングへ。ラフティングといえば、ゴムボートで激流下りって事ですよね。すでに体験済みのクマから聞いた話から想像するに・・・


f0081886_0182971.jpg





←こーんな感じ?(汗)








って事で、結構ビビッておったのですが、実際(これまた写真がないのが残念だけど・・・)はかなり「どんぶらこっこどんぶらこっこ」ってな感じでした。返ってしっかりオールで漕いでかないと前に進まず、そういう意味では思った通り、「結構ハードなスポーツ」でしたが、面白かった!!今度はもう少しハードなコースで楽しんでみたいと思います。


というわけで、楽しい週末も過ぎて今週、もう今日は金曜だというのに、まだ先週のラフティングがきいてるのか、若干の筋肉痛。ダンナのバースデーと共に、自分の歳も感じてしまった辛口バースデーでございました・・・・。
[PR]
by asakosaru | 2007-08-24 23:27 | Antalyaで遊ぶ

夏の思い出・・・。

夏真っ盛りの今日この頃、皆サマいかがお過ごしでしょうか?日本ではようやく梅雨があけ、本格的な夏が始まったとかなんとか・・・。(母談)←梅雨明けってこんなに遅かったっけ?


私の住む南トルコ・アンタルヤでは、もう「4月ぐらいから夏」と言っても過言じゃないくらい、ナツナツナツナツココナッツ(懐かしいと思ったそこのあなた。友達になれます。)な感じで過ごしております。


ブログ更新は1ヶ月ぶりぐらい?気づけば7月がとんでるし。8月になったことだし、何か書くべ、と思い立ってきたものの、何を書いていいのやら・・・。


こうなったらやっぱり・・・・













祝 引越し !
↑まだまだひっぱる。


そう。ついに私ども、念願のホームスイートホームへの引越しを果たしました!あーーー自分っちってサイコー!とかつぶやきながら、ビールちびちびこれを書いています。


ところで新しい家には、比較的広めのテラスがございまして・・・


f0081886_3145629.jpg

こんな感じとなっておりまして、もう目の前は隣近所。なんというかここでお肉をドドーンと焼いてみたり、ビールをガッツガッツと頂いてみたりしたい今日この頃。
(それにしても近所が近い。)






暑い盛りの引越しは、内壁の塗りなおし等々も含めて、トータル2週間ほどかかりました。ここで、今回の引越しを振り返ってみると・・・


*爽やか・小ギレイ(※日本の引越し屋さんのアサコサルのイメージ)とほど遠いひげ面達(引越し屋)が、Tシャツが汗でぬれそぼるのも気にせず、冷蔵庫やらベッドやらをなんと背中にしょって、2階(日本式にいえば3階)まで上ってくれたね・・・


*普段の仲の悪い(あー暴露しちゃったー)舅姑、特に小うるさい姑に、ほぼやり込められていた舅も、黙々と働いてくれ、そんな舅の姿に、姑もいつもの仕切り技をいかんなく発揮し、何気に見事な連携プレイを見せてくれたね・・・


という事で、クマが引越しの為に休むという事ができなかったので、舅姑のヘルプには感謝感謝ではあります。



ところで、お向かいさんに、クマが昔通っていた塾の時の友達が住んでおり、しかも新婚さんで、ダンナさんはデニズリ出身、という、世間は狭いわねーー的な偶然が発覚しまして。感じの良い、美男美女カップルであります。


実は昔からの知り合いだった・・・と判明したのも、姑の動きが関係しておりまして。引越し当日は、お向かいさんからひっきりなしに人の出入りが。それをジッと伺う姑。もうがん見でしたよ、本当。少しして、タイミングを見て朗らかに、「メルハバ~~(こんにちは)」と挨拶したものの、気付いてか、気付かないでか、ばっちり無視される姑。


しっかり「スイッチ」の入ってしまった彼女は、お向かいさんまで出向き、「ここに住んでる人はどなた?」と。「向かいに引越してきたのだけど、挨拶もなし、何か手伝いましょうか?と言ってくるのもなし、当然引越しは大変なわけだから、冷たい水の一つも差し入れてもいいんじゃないの?」とやんわりとたしなめる・・・。あくまで笑顔で。


あわてて、「今日はお客さんの出入りがあったので、なかなか手伝えなくてごめんなさい」と殊勝な態度を見せるお向かいさん。私は密かに、「この人を敵に回すとやばい・・・」と思いました。


後日、お向かいの彼女からは、「やっぱり先生って感じよねーー」(姑は学校の先生してました)との事。なんというか同感。ま、姑の言ってる事も確かだけど、日本人的感覚で言えば、こちらからお願いに行ってもしかるべき状況じゃなかったか、と。日本でなら、キレるのはお門違いって言われそうだなーと思いましたが。トルコでは普通なんですかねーーー。


と、軽く異文化体験(?)などもしつつ、引越しは終了を迎えたのでした・・・。2007年の夏の良き思い出だね。
[PR]
by asakosaru | 2007-08-02 03:00 | Antalyaで暮らす